消費者金融で多重債務を負った場合の相談窓口、法テラス

消費者金融

多重債務でどうにもならない状態になった時には、公的機関の相談窓口への相談を行うべきです。では、具体的にどのような窓口があるのかご紹介します。後述の生活保護などは市民に関係が深いことですので、市役所・区役所などの市民課や生活課などと呼ばれている窓口となりますが、多重債務などは「お金」や「法律」そして「消費者」としての立場ということで考えてゆく必要がありますので、それぞれの監督官庁や公的機関を利用することになります。まず、多重債務=借金を「法律」の分野で相談する窓口として「法テラス」を紹介します。法テラスは、通称であり以下もそのように記載しますが、正式な名称は「日本司法支援センター」といいます。法テラスのHPには、その目的と概要を簡略に記載した一文がありますのでご紹介します。「私たち法テラス(日本司法支援センター)は、国によって設立された法的トラブル解決のための「総合案内所」です。」詳細はHPを見ていただき確認してもらうか、あるいは直接に電話か訪問して質問するのが一番です。ひとことでいうと法律が関係してくるようなトラブル、困りごとについてワンストップサービスを国が提供している、とでも受け止めればいいのでしょうか。電話か訪問すれば、あるいは住んでいるところの近くのより適切な窓口に案内してもらうこともあるかもしれませんが、このようなワンストップサービスは大いに利用すべきでしょう。他にも、行政側は困りごとの相談窓口やチラシを用意していますので、そちらも利用しても問題はありません。ただ、全国的に名前が知られている組織であれば初めて利用する方も、それほど高い敷居ではないでしょう。

市民に身近な消費生活センターと消費者金融

消費者金融

消費生活センターは、先の法テラスよりも身近な存在です。厳密には、消費者生活センターといいます。各都道府県、市町村に置かれています。それだけに身近な存在ですが、原則として、その地域に住んでいる人を対象としています。つまり、市税・市町村県民税などで運営されているので、当然と言えば当然です。一方で、地域に密着しているということは反面、その他の地域の情報が入りにくいということでもあります。その部分を解決できるのが、独立行政法人国民生活センターという組織です。その目的としては消費者問題を扱う中心的な期間で、公的機関として公正に処理します、といったところでしょうか。そして、「消費者問題」とあるように、消費者金融に関するお金の問題だけではなく、製品の不良とか、霊感商法のようなものとか、最近では振り込め詐欺など消費者が直面するトラブル全般を取り扱うということです。設立は、平成15年10月1日です。消費者問題全般のこともあつかうということになっていますが、やはり消費者金融による多重債務の問題は大きく、ホームページにも「多重債務の相談窓口」とわざわざコーナーが設けてあります。その中にはいろいろな窓口が紹介してあり、前項で記述しました「法テラス」も当然に載っています。そのなかで、どの窓口がいいのか、置かれた状況により異なると思いますので、まずは消費生活センター、あるいは国民生活センターに相談して、最もふさわしい相談窓口を相談してもらうとよいでしょう。

全く返済出来ない場合はどうしたら良いか

決められた返済日までに返せない事が分かったら、すぐに利用している金融業者に連絡しましょう。返済日を変更してもらえることもありますし、元金ではなく発生した利子分だけでも返済することも出来ます。とにかく、支払う意志があるとい事を示す事が大切です。ですが、全ての金融機関が柔軟に対応してくれるわけではありません。消費者金融系は比較的柔軟に対応してくれますが、銀行系は返済日を変更してくれません。また、過去に支払いの遅延などをしている場合は、返済日の変更は難しいと考えた方が良いでしょう。返済日を変更しても支払いが出来ない場合、遅延損害金が発生してしまいます。遅延損害金は日割り計算で算出されますが、金利は約20%と非常に高く、あっという間に返済額が増えてしまいます。
この時に注意しなければならないのは、焦って他のキャッシングを利用したり、ヤミ金に手を出すことです。多重債務で苦しむ事になったり、ヤミ金による違法な高額金利により更に泥沼にはまってしまうことになります。辛い時ほどヤミ金などの甘い勧誘文句に騙されやすくなってしまいますので、十分に注意しなければなりません。
もしも、どうやっても返済出来ない場合は、弁護士に相談して債務処理をしてもらいましょう。自己破産、過払い金請求や、民事再生などと債務処理には様々な種類があります。自分の状況に合わせて、どんな債務処理が適切なのかを専門家に相談しましょう。返済できず、ヤミ金に手を出してしまった場合も同様に、すぐに専門家に相談してください。